外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

50代の外資転職成功のポイント

40代、50代は企業での上級管理職や経営幹部の仕事での転職が考えられますので、それに伴い転職を成功させるには、まずは転職を実現するための履歴書作成にもポイントがあります。

40代、50代で外資系へ転職する場合は、すでに専門性や知識、コアな能力が備わる人材ですから、採用されるはずと思いがちですが、やはり書類選考に重要となる履歴書作成等に失敗があると当然転職は実現しませんので、50代で外資系企業への転職を検討される場合は、職務経歴書には直近の職歴ボリュームに重点を置いた書き方が必要です。 中には直近の職歴が少ないものもあり、これだと採用する側の不安をあおる職務経歴書になります」ので、直近の職歴ボリュームは重要とお考えください。

要するに職歴を書く場合は一番上に直近の経歴を書き、その下から徐々に過去の経歴を書くようにするのが理想です。 また50歳で外資系企業への転職を成功させるためには、スキルや専門性ももちろん重要ですが、レファンスもまた重要となります。 更に面接の時には、ご自身が生み出した業績などがある場合は、本当に自分が自分の能力により出した成果だという事もアピールしなくてはいけません。

いずれにしても50代での外資系企業への転職は、求めるものが20代や30代とは異なりますので、転職を成功させるためにも転職エージェントの利用は必須です。 いい仕事、いい条件の外資系求人を得るためにもやはりエージェントの力は必要ですし、いくら専門性に自信のある方でも経験が数十年ある方でも外資系企業は年功序列型ではないので、そこは重視しません。

もちろん採用するにあたり、即戦力も必要ですし管理能力も必要ですが、外資系企業は、パーフォーマンスやリピテーションという部分も重視しますので、こうしたポイントに上手に対応し転職を成功させるためにも転職エージェントの力を借りて対策をとる事が必要です。 更に50代での転職となるとリピテーションである風評部分がポイントにもなりますので、中にはレファレンスチェックとなる求職者の元の上司に求職者の情報を確認する事もありますので、その点もよく認識し転職は検討してください。

レファレンスチェックというのは、日本企業ではあまり聞かれませんが外資系企業ではこうした調査をしっかりと行い、50代の方を企業に採用するケースが多いです。 50歳ともなると話を誇張する方も多いので、こうしたチェックを行いその方のスキルが本当であるかを確認します。

50代の方の外資系転職なら!以下のエージェントがオススメ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.