外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

アメリカの外資系企業求人

アメリカの外資系企業を目指すなら、まずは転職エージェントの利用は検討すべきと思います。 まずアメリカの外資系企業の求人例としては、大手外資系製造企業による求人等があげられますが、この場合英語力はビジネス会話レベルを要しますので「TOEIC700〜800以上」のレベルを要しますので、英語力の長けている方にとっては非常にやりがいのあるお仕事になると思います。

こうした外資系製造企業による案件に伴う業務内容は、人事全般と労務の管理業務や社会保険借りや人事に関するデータの管理を行いますので、人事全般の知識や経験の専門性の高い方が求められます。 また、メーカーでの人事経験がある方や労働組合との話し合いの経験がある等も非常に活かせる仕事となります。

アメリカでの外資系企業の求人にはこのようなネイティブレベルの英語力を要するもので、人事経験が活かせる外資系求人等がありますので、その分野での専門性の高い知識がある、自身があると言う場合は、条件としても英語能力と人事、管理、給与決算や社会保険等の深い知識がある事により即戦力として認められる可能性も高いので是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アメリカの外資系企業求人には、主にこのような決算関連の知識やビジネス英語力、ITスキル、コミュニケーション能力が備わる方のための案件が多数ありますので、こうした経験をお持ちで英語力にも自信がある場合は、検討されてみてはいかがでしょうか。 収入相場は年収400万円〜800万円と幅がありますが、能力主義の外資系企業では、成果は形として得る事が出来るので、即戦力となった分高収入が期待できると思います。

アメリカ外資系企業への転職は年齢に関係なくポジションがあがります。 そのため自分の経験や知識をフルに活用し即戦力になる事で女性、男性に関係なく高収入が得られます。 ただし即戦力とならない場合は、その辺もシビアですから数年後にはそこにいられないという事にならないとはいえません。 出入りの激しい世界である事も確かです。

ですが「外資系企業=プロフェッショナルの道へ進む」という事ですので、アメリカの外資系企業へ転職を検討される場合は、その辺も十分に含め検討し「即戦力となり働けるのか?」という部分も考える必要がやはり十分にありますから、外資系企業へ転職される場合は、転職エージェントの力をかりて、あなた自身のスキルや能力を的確な分析をして求人を提案してもらうかたちの転職がその外資系企業への転職も成功させる事が出来ると思います。

アメリカ系企業への転職に定評のあるエージェント人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.