外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系IT企業への転職なら

外資系企業への転職を考える場合、今の外資系、日系企業のグローバルポジション転職の市場動向を考えてみる事も必要だろうと思う。 ただ、外資系企業への転職市場の動向は各求人情報サイトや転職支援サービスをみるとわかるのだが、案件が急増している事は間違いない。 結論を先に言えば海外を相手に活躍できる人材の必要性が高まっているゆえの案件の多さなのだが、そこに求められる人材はやはりそれ相当の能力と実績を持つ事が必要です。 当然、それに挑戦する事自体それらのスキルがあってこそのチャレンジだと思いますが、外資系を目指す以上は能力と実績は伴う事は必然です。

比較的外資系企業で募集が目立つのは、製造系やサービス、ネットサービス系の企業。 もちろん外資系に限らず日経企業がグローバル展開する機会もふえて海外在住のディレクター等のポジションにおける募集も多いと思われる。 例えば、販売代理店等のマネジメントに長けている人材が求められる事は言うまでもなく海外に急増している関連会社の制度の統合や移植出来る人材は非常に今求められている傾向です。

そんな中、外資系企業も採用に力を入れていると考えていいのがIT業界でセールス方プロジェクトマネジメント等のポジションにおける募集が非常に急増しています。 また、最近の傾向として外資系の企業の中でもIT業界が力を入れている仕事は金融機関向けの仕事となる。 そのため必然的にグローバル化によって法制度改正が何度も行われるためそれに伴いシステムの対応も急がれる事になるからそれに伴う案件が非常に多くなると考えられる。

いずれにしても要は、外資系企業への転職を果たすべく現段階の状況は案件が急増し人材争奪戦であると転職支援サービスでも言っている通り、確実に今がまさに外資系の転職を実現出来る時期と考えて良いという事になる。 IT企業へ行くにしても他職種の外資系企業に行くにしてもそれに伴う案件は多く、企業側もその人材確保を急ピッチで進めているため外資系への転職を目指す場合はこの時期を逃す手はないという事になる。

外資系IT業界への転職も同様にシステム対応できる人材確保を求める企業は非常に多いのでそれに伴う案件も必然的に増加傾向である事は事実です。 しかし、外資系企業で仕事をする上で当然経験を要する事も確かでTOEIC自体ある程度のレベルは必要なので、そこで求められるターゲット層は経験、知識を兼ね備えたがある30歳〜40歳という事になります。

外資系企業で働くにあたり英語力はどれだけ要するかは、各企業により基準が異なりますが、要はレポーティングが可能か否かが重要なので、それに準ずる英語力を兼ね備えている事は必要です。

外資系のIT企業への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.