外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系広告会社への転職なら

外資系企業の特徴として、ビジネスレベルの英語力。 もちろんすべての外資系企業がビジネスレベルの英語力を必要とするわけではありません。 中には、最低レベルの英語でも構わないという企業も事実あります。 もちろんこのビジネスレベルの英語力で転職を断念せざるおえない人も中にはいますが、逆にそれを生かして転職する方もいます。

ある外資系広告会社が内定した方に伝えた条件をみると雇用形式が1年毎の契約社員となり、収入は400万円。 各保険等はついて条件もそこそこいいと思える内容ですが、雇用形式は1年毎の契約社員なので、成果が無い場合は即切りますよという意思表示の出ているものとなります。 この雇用形式をみて、この形式が満足できない場合や不安だと言う場合は、外資系広告会社への転職は諦め雇用形式の安定した日本の企業へ転職される事が適していると思います。

ただ、そうしたプレッシャーがある事によりモチベーションが高まりますし、チャレンジする意義もあり尚且つ達成感もあります。 外資系は実力主義なので、どの職業でも外資系企業は実力のある人を評価し、実力の無いパフォーマンスしかできない人は保証しませんから、こうした傾向にある外資系企業だからこそ、やりがいも非常に大きいので、外資系企業を目指される場合で、尚且つ上記のような1年毎の契約社員という条件で雇うという形でもチャレンジする価値は大いにあると思われます。

外資系広告会社では、こうした雇用条件(1年毎の契約社員)が未経験者の場合妥当な条件です。 また広告業界は浮き沈みが激しい業界でもあるので外資系の広告会社への転職を考える場合は、そうした部分も事前にしっかりと認識し転職は考えるべきですが、いずれにしても外資系企業は、日本企業とは異なり実力、能力、努力次第で上にも下にも年齢に関係なくいけるものですから外資系企業への転職はそれだけ自分を試せる場でもあります。 もちろん自分を試す挑戦は多いにすべきですが、家族を守る身での外資系企業への転職の場合は、失敗は許されませんので、成功の転職に導くためにも転職支援サービスの利用を検討し、希望する求人の内部事情等をしっかりと調査してもらい、諸条件もしっかりと交渉してもらった上での転職が必要かと思います。

転職支援サービスを利用する事により、転職希望者のスキルや経験等に適した求人が提案されますので、外資系企業への転職にしてもご自身のスキルや能力に応じた適切な求人が提案されますので間違いのない求人の提案がなされると思います。

外資系の広告企業への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.