外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系自動車会社への転職なら

外資系自動車メーカーの特徴には、新卒者をメインとして採用していないという事があげられます。 文化の違い等もあるせいか、外資系企業はそうした傾向の企業が非常に多くなっています。 要するに外資系自動車メーカーでは社員のほとんどが中途採用者というケースが多く、それに伴い応募条件等の制約自体も日本企業と比較して柔軟な傾向です。

要するに外資系の自動車会社は、中途採用者が多く性別や学歴等あまり厳しい条件が出されていない場合が多いので外資系自動車会社への転職は、比較的実現しやすい傾向にあるという事になります。 ただし、皆さんもご存じの通り自動車業界全般では選考基準が高く、それは大手外資系自動車部品メーカーでも同じですから、簡単に働けるというものでない事も確かです。

そんな外資系自動車会社では、どのような人材が必要であるか?といえば、語学力に長けている開発エンジニア等がやはり求められる人材だと思いますし、中でもセールスエンジニアの需要は非常に高いと考えられます。 更に車載用電子機器開発競争の激化に伴って電子部品や半導体分野におけるエンジニアは引く手も数多というぐらいその人材は求められています。

例えば業界に関係なくアウトソーシングの設計等に携わっていた等実績のある方も外資系自動車メーカーでは求められる人材です。 英語力に関しては各会社により基準が異なると思いますが、会社により英語の教室を設けている会社もありますので、英語力のレベルはさほど重視されてはいませんが、やはり外資系に転職するにあたり、最低レベルは備えておくべきでしょう。

ただ、若手のエンジニアの場合は英語に対するチャレンジ意欲がある事により認められ採用されるケースも大いにあります。 外資系自動車会社では、語学力がある若いエンジニアの場合には業界の経験の有無を問わない場合もあるので、外資系自動車会社で働きたいけど英語力しか自信が無いという方でも可能性が高いです。

いずれにしても外資系自動車会社への転職を検討する場合、確かに実績や経験が必要ではありますが、若手エンジニア等は紹介するように経験が無くても採用されるケースもありますし、中途採用も多い業界なので、転職自体は非常にしやすい傾向にあると思いますので、外資系自動車会社への転職を希望される場合は、外資系大手自動車メーカーの求人を特集しており、その業界に精通したコンサルタントのサポートが受けられる転職支援サービスの利用は大変お勧めです。

外資系の自動車企業への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.