外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系銀行への転職なら

外資系の銀行に転職するには何より英語は必須です。 ただし、部署によりそこで要する英語レベルは異なります。 例えば新卒で外資系に就職する場合は、一部の有名大学を優秀な成績で卒業する方といいますので、外資系の銀行に就職する事は簡単ではないようですが、中途採用がもちろんないわけではありません。

中途採用されるケースは、日系大手証券から転職するケースや銀行、保険会社からの転職者が多くなります。 ともかく外資系の銀行へ就職には「新卒であれば、それに伴う大学出身者ということになりますし、中途採用であれば経験、スキルを兼ね備えた方」が採用される事となります。 いずれにしても外資系銀行は経験やスキルを重視する傾向にあるので、外資系の銀行へ転職を考えるのであれば、まずは経験を積む事が先決となります。

ただ、外資系銀行に勤める方の中には、外国人で元教師という方もおり、外資系の金融会社を渡り歩いている方もいるので経験重視は経験重視ですが、すべてがそうとはいきれないケースもあります。 いずれにしても外資系銀行への転職には、金融業界における知識はもちろんですが、語学が堪能である事は重要ですし就職もしくは転職するには人脈が財産となるケースも多分にあるので、外資系銀行に転職した場合は人脈を広げるべくコミュニケーション能力も備えておくべきかと思います。

外資系銀行の場合は、すべての銀行に当てはまるわけではないですが、3年以上勤務すると古株になるといいますので、その辺も踏まえ銀行への転職は検討すべきかと思います。 また外資系の銀行は出入りが激しい業界であり、引き抜きや中途採用なくしては人員が足りない状況だというところもありますので、その辺を考えると外資系銀行への転職にはチャンスが少ないわけではありません。

また外資系銀行はそうした背景に伴い残業等も多く休日を返上し出勤する事もありますので、そうした勤務状況である事も踏まえ外資系の銀行への転職は考えるべきです。 もちろん外資系銀行が全てそうした傾向であるとはいいませんが、中にはそうした銀行もある事は事実なので外資系の銀行への転職を検討する場合は、転職支援サービスの利用を検討し、事前に希望する外資系銀行の内部事情を把握した上での転職が失敗の無い転職につなげる事が出来るかと思います。

外資系銀行は、業績次第で収入が変動するので、利益を生み出す努力は必然的に要する事となりますが、そうした環境だからこそやりがいも非常に高いと考えられます。

外資系の銀行への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.