外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系バイオ企業への転職なら

外資系バイオ企業への転職は、募集する職務によりそれに要するスキルや経験は異なります。 例えば外資系バイオ企業のプロダクトマネージャーの案件内容は、ビジネスプランや中長期戦略プラン等のビジネスケースの策定や新製品へのアイディアはもちろんコンセプトの開発等となります。

更にフォーキャストマネジメントやBMEの運用管理等の職務となりますが、それに伴う必要な経験にはFMCGのブランドマネジメントの経験があるとか、新規ビジネス等の産科経験があるという事が必要となります。 またマネージャーポジションの職務には、広告代理店を活用し広告開発の経験があるとか、デジタルマーケティングにおける経験がある等も必要な条件となります。 もちろん外資系企業という事で電話等による外国人とのコミュニケーションスキルも必要となりますので、TOEIC800以上は要するものとなります。

外資系のバイオ企業は平均に英語力は上級レベルの英語力を必要としているので、外資系企業への転職を検討する場合は、英語力は十分に備えていかなくてはいけません。 外資系企業への転職は、各職業により求められる事は異なりますが、いずれも英語力は重要なので外資系企業を目指す場合はTOEIC800を目安に英語力を高める事がおススメです。

ただ同じ外資のバイオ、メディカル企業でも英語力の部分は各企業により異なり、経験と実績、技術力が備われば英語力は初級程度でOKというところもあるので、外資系のバイオ企業への転職を検討される場合は、ご自身のスキルにあった外資系企業を選ぶべく外資系企業の求人を専門に扱う転職支援サービスの利用も検討すべきかと思います。

外資系バイオ企業の求人には、先に紹介するようなプロダクトマネージャーポジションの案件だけでなく、医療機器営業での案件もあります。 また医療機器営業の場合は、同じ外資でもマネージャーポジションとは異なり英語力も初級程度で実績があれば採用も可能にます。 ただし外資系企業の営業という事で営業経験や前向きな対応をするためのアクションをとる事が出来る事とクロージング力やセルフマネジメント力等も要する事になりますので、いずれにしても外資系バイオ企業への転職は経験や実績が必要になります。

外資系バイオ企業の求人の中には薬事スペシャリストポジションによる案件もありますが、この場合は薬事申請に伴う業務や米国本社とのコミュニケーションをとる事になりますので、英語力はTOEIC800以上が必要となります。

外資系のバイオ企業への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.