外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系金融会社への転職なら

外資系企業を目指す方は最近非常に増えておりますが、そんな人気の外資系企業は日本企業と何が違うのか。 まず考えられるのが収入です。 日本企業と外資系企業の収入を比較するとやはり外資はさほど高くないとはいえ、同じ年齢で、同じ職業、同じ条件の方を比較しても外資系企業の方が数百万は高くなります。

要は、同じ業種の同じ世代で比較しても最低100万円程の違いはあるので、こうした部分が外資系企業を目指す理由のひとつで尚且つ外資の魅力でもあると考えられます。 更に外資系企業で働くと実力がそのまま成果として反映するので女性でも男性でも関係なく実力次第で管理職のポジションを得る事が出来ますから、こうした部分は日本企業とは違いますし、外資系の魅力といえます。

ただし逆に考えると能力が無い場合は、即切り捨てられますのでその辺は非常にシビアで大変な部分となりますが、そうした環境にある方がやりがいや達成感も非常に大きいものと考えられますし、年齢や学歴も関係なく上を目指す事も可能なので日本企業のしがらみに縛られた職場環境より自由で働きがいがあるとも考えられます。 スキル、実績、経験、努力で外資系企業では成果がそのまま自分に返ってくるので、そうした部分が外資系の魅力であり、若い方を中心として外資系企業が人気なのだと思います。

外資系企業の中でも金融会社へ転職には、英語力はある程度必要ですがTOEIC○○というような条件はつきませんし、英語が出来ない人は採用しないという事もありません。もちろん英語が全然無理というのでは仕事が出来ませんから、それなりに備えておくべきですが高いレベルの英語力は要求されませんし、「外資系金融会社では英語教室に通う資金の支援金が出る会社もあります」。

そのため英語が出来ないから外資系は無理と諦める必要はなく、英語が苦手だけど外資系企業で働きたいという場合は、転職支援サービス等を利用し英語を学べる学校に通う資金を出してくれるような金融会社を選べば問題ありません。 いずれにしても外資系金融会社への転職には、堪能な英語力は必要なく、採用に伴い重要になるのは本人の資質ですから、英語のレベルは二の次と考えていいと思います。

ただし、それが全ての外資系金融会社に言えるかという事になると、それはまた別の問題で堪能な英語力を要する会社も事実ありますから、外資系金融会社への転職を希望する場合は、まずご自身のスキルや経験等に応じた適切な外資系金融会社を探すべく転職支援サービスの利用は検討すべきかと思います。

外資系の金融企業への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.