外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系保険会社への転職なら

外資系の保険会社に転職する事を検討する場合は、良い面、悪い面を十分に認識される事をまずお伝えいたします。 外資系保険会社全てに言える事ではない事も最初にお伝えしておきますが、外資系保険会社に勤める場合は、突然の解雇等も十分に起こり得るという事です。 もちろん、解雇を告げて明日から即解雇にはなりませんが、○ヶ月後には解雇という事は起こり得ます。

ただし、その分退職金などが予想以上に頂けるケースもありますが、退職金よりは仕事が欲しいという事情もありますから、いきなりの解雇等はやはり非常に深刻な問題です。 しかも業務はやはり厳しいもので、業績が収入にそのまま反映するかたちなので家に帰れるのは月に10日ぐらいです。 要するに外資系保険会社へ転職する場合、あくまでひとつのケースですが、こうしたいきなりの解雇にあうことも当然考えられるし、並みの営業マン成績であれば最低賃金での任務となります。

もちろん外資系保険会社に転職を考えるのであれば、それはそれで大いにチャレンジすべきですが、ご家庭を守る義務を持つ身の転職はこの辺を十分に認識し転職は検討していくべきでしょう。 場合によっては、殆ど使い捨ての状態ですから外資系保険会社の転職は、よほどスキルをお持ちで常に営業成績もよく、人脈も広い等が備わる事が必要と言えるでしょう。

外資系保険会社の中には、採用されておよそ3カ月程度で成績を出さなくてはいけないところもあるので、それで成果が出せない場合は罵倒される事も覚悟しなければいけません。 保険会社自体人脈を要する業界でありますので、年収○千万の年収を得るためにはほとんど休みが無いのでプライベートタイムなど無く過ごすことになります。 ただ、こうした保険業界はヘッドハントされるケースも多く外資系への転職も実現しやすいところはありますが、同じ時期に入社しても10人のうち残るのは1人程度と考えるべきところでもあります。

要は出来ない人はすぐに切り捨てられるという厳しい環境なのでそうした内容を含めチャレンジすべきか否かは慎重に考えるべきでしょう。 いずれにしても外資系の保険会社に転職を希望する場合は、やはり希望する会社の内部事情を知った上での転職が望ましいですし、その方が不安の無い転職にもつなげられると思いますので、外資系の会社へ転職する場合は、厳しい環境だけに外資系求人を豊富に保有する転職支援サービスの利用も検討すべきです。

外資系の保険会社への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.