外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系製造業への転職なら

「外資系製造業への転職を検討する場合、やはり語学力や企業における即戦力になる素質が重要」になります。 外資系企業を目指す事は、それイコールスペシャリストとしての道を進むという事ですから要は「スペシャリストとして即戦力になる人材であるかがポイントになります」。

例えば外資系企業に転職をする場合、英語力が必要です。 もちろん企業により選考基準は異なります。 TOEIC400前後でOKという外資系企業もあれば、TOEIC700〜800以上必要という企業も存在しますので、一慨に英語力はこれだけ必要という事は言えないですし、あまり英語が得意でない人は外資系を目指す事が出来ないという事もありません。

ですが、実際外資系企業は能力の高さやスキルの高さが重要となり、各分野の専門性が必要となり、それに伴い語学力は高いものを求められる企業ももちろんありますが、基本は専門性とコミュニケーション能力ですから、業務に支障をきたすほどの英語力でなければ問題ないと判断されるケースも多いのです。 当然、外資系企業を目指す方の専門分野によりTOEICスキルが高くなければいけませんが、外資系製造業への転職の場合は、業務に支障をきたさない程度のレベルをお持ちであれば採用も大いに期待できます。

ポイントとしては、例えば製造業における専門分野の知識には自信があるけど英語力にはあまり自信が無いが話せる程度レベルだという場合は、面接の時に今は不足だと思うが入社後英語力を深め究めていくと意思をアピールする事により採用も大いに期待できるでしょう。 むしろ、英語力だけが堪能でもそれに伴い即戦力となる専門性が無い方が問題ですから、英語力に自信が無い方も外資系製造業への転職は大いにチャレンジすべきと思います。

外資系企業は皆さんご存じの通り能力主義です。 そのため即戦力は非常に重要なポイントです。 外資系は特にスペシャリストとしての即戦力を重要視しますので製造の分野への転職であればそれに伴う専門性の高いスキルがあり尚且つ企業においてそのスキル、人材がメリットとなるという事が非常に重要となります。

要するに外資系企業への転職は、勤続年数やキャリア等関係なく企業においての「即戦力」や「メリット」の部分が重視されるので、その専門性がある事により英語力が多少堪能でなくとも採用される事が大いに期待できるのです。 実際、能力主義の外資系企業はシビアな世界に見える傾向が多分にありますが、実際は年功序列型と言える日本の企業よりもはるかに選択の幅を広げる事が出来るのです。

外資系の製造業への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.