外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系の貿易会社への転職なら

外資系企業に転職するにはどうすればいいか。 当然実績やスキルのある方なら引く手も数多で外資系企業からの誘いも色々とあると思います。 ですが、これから初めて外資系企業で働くという場合、やはりチャレンジするというポジテイブな気持ちと大丈夫だろうか‥というようなネガティブな不安の気持ちもあると思います。

いずれにしても最近はやりがいを求め海外へ進出する人も多く中高年者が経験や専門性を活かすべく海外を選ぶ人も多い。 そもそも海外へ向かうにあたり、新興国の経済成長に加えてインターネットの通信環境の発達により海外での転職自体以前に比べハードルは低くなっている事は確かです。 しかし、外資系企業でのやりがいを目指し働くという事は、そこでの業務には様々な国のスペシャリストがおり交流をはかりながら仕事をこなす必要がありますから、当然そこではすべて英語を軸として進行するため、それに伴う語学力も当然必要になります。

大体貿易会社に限らず、海外駐在を希望する人は非常に増えています。 またそれに伴い現実的には日本でしかビジネス経験が無い方を海外にいきなり駐在させる企業はありません。 そもそも企業は本気で必要な人材を探そうと思えばいくらでも駐在経験のある人材を採用する事が可能なので、実際企業は未経験の人を採用する会社は少ないものです。

ただ、将来的に海外での転勤等が起こり得る可能性のある会社に転職する事は可能ですから、未経験で海外で働きたいという場合は、日本の会社で就職もしくは転職しても海外の現地法人に採用される事も大いに考えられるので、まずは現地採用から目的を達成するために実績を積み、その後責任あるポジションを狙うという事の方が海外で働く事としては現実的かと思います。 新興国なら尚更今後は日本企業が続々と進出すると思われますから、そうした可能性も更に高まります。 そうした部分でターゲットを決めるならインドネシアやベトナムが良いと考えます。

どちらにしても外資系貿易企業へ転職する場合は、それ相当の実績や経験がおわりで尚且つそのスキルを存分に活かすために海外という選択を検討していると思われますが、先に言うように日本でしかビジネス経験が無い場合は、その採用枠を設けている企業はシビアにいえば多いとは言えないのが現実でもありますから、まずは転勤や駐在出来る可能性がある会社を検討しそこで実績を積み海外という目的を果たされる事も必要ではないかと思います。

外資系の貿易会社への転職なら!人気の転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.