外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

弁護士の外資系企業求人

外資系企業への転職を考える時、何が必要になるか。 それはまず外資系ゆえに英語力が当然必要になります。 どのような職種であろうが、外資系で働く場合英語は最低限必要になる。 もちろんそのレベルはケースバイケースで、企業により日常会話が出来ればよいというところもあり、必要最低限のレベルを満たせばOKというとこも意外に多い。

ただ、この点に関していえば職種によりその最低限のレベルは当然異なる。 要するに外資系企業へ転職する場合にどのぐらいの英語力を要するかは「必要最低限のレベルである事は確かだが、その最低限とは各企業により異なる」という事がいえるわけです。 つまり置かれるポジションや職務内容によりどの最低限のレベルが違うという事になる。

例えば弁護士の外資系企業求人には、応募の必要条件として実務経験やキャリアレベル、英語レベル、日本語レベル等が設けられている。 弁護士の外資系企業求人の収入面は各企業により異なるし、スキルレベルも異なる。 ただ年収1,000万円クラスの外資系企業における弁護士求人をみると、キャリアレベル等は、中途経験者レベルがあればいいところが多く英語レベルは、ビジネス会話レベルとなる。

弁護士の外資系企業求人の業務内容は各企業により異なるが、主に経営執行業務であるとか、ターンアラウンド業務、経営コンサルティング、アドバイザー事業、ファイナンシャルアドバイザリー業務等があげられます。 もちろん、弁護士における外資系企業求人なのでそこで必要となるスキルや資格は弁護士資格となるが、その他にもPCスキルは保有されている方が求められます。

また採用に伴う経験として私的整理案件等の法務助言業務を経験している方やM&Aにおける法務助言業務や事業計画、弁済計画策定業務、法的整理による倒産事件における申立代理人であるとか管財人業務等の中から幾つかの業務経験があるものが求められます。 外資系企業における弁護士職の求人内容は各企業により条件は異なるがキャリアレベル・英語レベル・職務経験」を最低限保有する事が必要となり、そこで求められる弁護士もまたそれらのレベルが高く経験実績が長い事が必要となります。

いずれにしても外資系企業で働くにはどのような職業でも英語力、キャリアレベル等は当然必要ですが、外資系での活躍を目指す場合は自身をプロフェッショナルとして考え、自主的な行動が出来る事と自身の意見をきちんと主張できる事が外資で伸びる人材といえるでしょう。

弁護士の転職にも強い!外資系企業への転職に定評のあるエージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.