外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

弁理士の外資系企業求人

弁理士による外資系企業求人は税理士の外資系企業求人同様に非常に多岐にわたります。 ただし、弁理士における外資系企業求人は、税理士の外資系企業求人とは若干異なります。 税理士の外資系企業求人は主に経験がそれほどなくても英語力が重視される企業求人もあります。 また、英語力よりも経験が重視される企業による求人もあります。 要するに税理士に関する外資系企業求人の受入枠がそれだけ幅広いという事です。

しかし弁理士における外資系企業求人は、あくまで傾向ではありますが経験、英語力いずれのレベルも重視される傾向にあります。 例えば、金融サービス会社(外資系企業)における求人では、弁理士に求められる英語力は「TOEIC865」となり流暢な英語力が必要となります。 また、応募の条件としても国際法務経験があることや事業会社における法務業務経験がある事、法律事務所での業務経験がある事等が条件となります。

大体国際法務経験がある事自体、非常に読む書類が多く日常的な英会話がいくら得意な方でも誓約書等を作成する事は非常に難しい事となります。 しかし、その誓約書を作るのもこの弁理士の仕事であり国際法務の仕事となりますから、それ相当の英語能力が必要になりますが、そうした経験を持つ方というのが外資系企業における弁理士求人条件には存在するので、そこで求められる人材のレベルの高さがはかれるかと思います。

このように弁理士における外資系企業による求人は非常に数としては存在するものの、そこで求められる弁理士のレベルは、それ相当以上のものが必要となると考えていいと思います。 もちろん弁理士の方自体、それぐらいの事は了解済みであろうかとは思いますが、外資系企業への転職を求める事は、それに伴う経験と知識が必要であるという事なのです。

国際法務でわかりやすくいえば「TOEIC900以上の方でも非常にそこで担う業務は難しく苦労した」ということなので、それ相当の条件、レベルが必要となるのが弁理士における外資系企業の転職です。 弁理士が外資系の転職を目指すには、やはり経験と知識がそれらに伴う程、兼ね備えていなくてはいけないという事になりますので、税理士の外資系企業求人、募集とはその受入枠の広さは多少なりとも異なると考えていいと思います。

求人数で考えると非常に少ないという事はありませんが、弁理士の外資系企業求人は比較的条件の厳しいものが多い事は確かです。 また、先に紹介するようにそれに伴うレベルの高い英語力も必要になるという事は間違えありません。 ただ、必ずしもこうした条件の厳しい求人だけしかない、というだけではなく英語能力も「TOEIC400〜700」と幅を広げ募集を出している企業もありますので、各企業により弁理士における外資系企業求人の中身は違いますが、いずれにしても弁理士が外資系企業を目指す場合は経験、英語力を高め日常、ビジネス会話が出来る以上のレベルを備えるべきかと思います。

弁理士の転職にも強い!外資系企業への転職に定評のあるエージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.