外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系営業職への転職なら

外資系の企業と言えば、職場自体が非常にLibertyで尚且つ高収入というイメージが強い。 もちろん、そうしたポジテイブなイメージばかりではなく、業績がすぐ首につながるというようなイメージもあります。 しかし、外資系企業への転職を検討する方は非常に増え、それを目指す人も又多くなっており、それだけ外資系企業は魅力があるのだが、実際その外資系企業へ転職を果たすには何が必要となるのか。

外資系の尚且つ営業職を目指す場合、その企業の一つに保険会社等があげられます。 要するに外資系の生命保険会社等となりますが、外資系の生命保険会社の営業職を目指すなら、転職枠が広い業界という事もあり、その転職を実現する事は可能だと思います。 この業界はそもそも異業界や異業種からの転職枠の幅が非常に広いので、今現在日本の会社で事務をしている方が、英語力を活かし外資系生保会社に転職を果たしたいという希望は実現する可能性が高いです。 ただ、外資系の企業へ転職する場合は、その企業の研究を行う事も重要ですしご自身の意欲も非常に重要です。

例えば今回はこの外資系営業職の転職を生保業界に絞りお話しますが、この業界での採用ニーズは非常に高いと考えていいと思います。 また先に紹介したように異業界、異業種からの転職率も高く未経験者の採用という部分も門戸をあけている傾向にあるので、即戦力も重要ながらやはり幅広く採用する傾向にある事も確かです。

外資系の営業職を生命保険会社に絞り考えると、日本では生命保険と言うと女性勧誘員が中心となる営業となりますが、外資系企業で必要となるのは日本とは若干異なり、専門的知識を更に高めたコンサルティング営業となります。 要するに外資系の営業職へ転職する場合、仮に保険会社の営業職を目指す場合は、より濃い専門性が必要となり、より専門的知識の高いコンサルティング力が必要となるという事になります。

ただし、外資系の営業職へ転職をする場合、要するもののレベルが高いからこそやりがいも大いに感じる事ができ、挑戦しがいのある仕事になる事は間違えありません。 もちろん、生保会社に限らずそれ以外の外資系企業、業界でも今では積極的にポテンシャル採用を行う傾向にあるので、どの外資系企業、業界の営業職でも転職を実現出来る可能性は高く、転職に伴い高い英語能力を持ち合わせていればこのグローバル化の風潮の中でも大いに役立ちメリットも大変大きなものとなると思います。

営業職の転職にも強い!外資系企業への転職に定評のあるエージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.