外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系経理職への転職なら

外資系の経理職に転職を考える場合どの程度の英語力が必要になり、会計の資格等を要するのか。 最近は、こうした外資系の経理職に就きたい、転職したいという方は意外に多く高校生から既に外資系の企業を目指し、何をすべきか悩まれる子も多いです。

そんな外資系の会計職への転職は、国内、国外により異なるというのが実際のところで、国内での転職となればTOEIC600前後で問題ない企業も実際あります。 要するに国内の外資系で転職を果たす場合は、本部からメール書簡を読める事と書ける事が出来れば問題ないので、それに伴い必要な英語力はTOEIC600程度で十分だと思います。

これはあくまで外資系の某メーカーによる会計職に関してですが、例えば部品の購入を本部から行わなくてはいけないとか、債務の管理業務も行う事になれば当然会計士の資格は必要となり、尚且つTOEIC自体も800程度のレベルが必要になります。 ですから、外資系企業に転職するとは言っても、実際は転職する外資系企業により必要となる知識は異なると言える部分も多分にあります。 ただ、基本的に外資系の会計職を目指すのであれば、その転職に伴うスキルとは「専門知識&TOEIC800前後」と考えていい事は確かだと思います。

ただ中には、このように会計に伴う専門知識が必要であるとか、TOEICが800程必要という事はなく「英会話はどの程度できるかを確認するだけの外資系企業もあります」。 しかしながらその場合キャリアが秀でるという事が条件となります。 要するに英語力だけがすこぶる高くても本筋のキャリアが伴わなければ外資系の会計職への転職は難しいという事になります。

外資系の会計職を目指すのであればこのようにキャリアが秀でている事と英語力の高さも必要ですが、キャリアがあればその分英語力は会話がある程度成り立てば問題ないという事で、キャリアが乏しい場合はその分英語力の高さや外資系企業に入るためのプレゼン能力の高さが必要となるということになるわけです。

転職する前にはこのような成果を上げてきたとか、今までどのような事をしていた等、転職をする上で職務経歴書に書きますから、この部分を上手くプレゼン出来なければ採用も厳しくなりますし、うまくできる人もまた少ない事は確かです。 そうした事も考慮し外資系の会計職へ転職を目指すのであれば、やはり転職における専門家のサポートを受ける事も又ひとつの手段となるので、キャリアがまだ乏しいという段階での転職には、プレゼン能力を事前につける意味でも転職支援サービス等の利用は検討すべきかと思います。

経理職の転職にも強い!外資系企業への転職に定評のあるエージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.