外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

税理士の外資系企業求人

外資系企業への転職を検討する場合、会計資格も当然重要となるがやはり英語力が重要になります。 一般に外資系で働くならTOEIC600レベルの知識があればいいという声も非常に多いが、外資系クライアント専門の会計事務所へ転職を検討する場合会計資格よりも英語力が重要になるといいます。 つまり税法科目の合格がなくても英語力のレベルが高ければ外資系企業への転職を果たせるという事になります。

もちろんすべての外資系企業の会計事務所がそれで通用するとは限りません。 ただ、外資系クライアントを扱う会計事務所等の場合は、レポーティング業務が主体となり複雑な財務に関する知識が重要となるわけではなく、それよりも英語力を問われるケースが多いため、会計資格のレベルより英語力のレベルを重視される傾向にある事は確かなようです。

いずれにしろ国際会計基準、米国会計基準等、にオンの会計基準自体がグローバル化している中で外資系企業による経理人材の募集は積極的に行われております。 またそれに伴い募集される傾向にあるポジションは、ファイナンシャルアナリストやマネージャクラス等多岐にわたり、中にはインフォーマル求人というような部長クラスの求人もありますから、税理士のための外資系企業求人は非常に幅広く存在すると考えて良いと思います。

ただ、外資系企業へ転職を果たすには、やはりそれなりの知識、経験が必要となり外資系ゆえに英語レベルも保有している事が望ましく、当然即戦力を求めるべく経験レベルも高い方が良いという事になります。 もちろん募集ポジションにより、先に紹介するように経験よりも英語力を重視する企業もあり、逆に英語力よりもやはり即戦力を重視する企業もあります。

つまり様々税理士を必要とする募集が多い今だからこそ税理士の外資系企業への転職は今が絶好のタイミングであると考えるべきです。 税理士における外資系企業求人は多岐にわたり、その求人に伴う条件も幅広い。 そのためこうした時期なら経験が少なくても外資系企業における求人があれば応募する事も出来て採用される確率もある。 尚且つグローバルな環境で経験を積みたいというのであればそれもまた実現出来るのが今なので、税理士の方が外資系で自分の力を試したい、今以上にスキルを高めたいという場合はそれを実現する求人が多いといえるわけです。

もちろん、今は経験不足でもそれほどのポジションを獲得できなくてもこのチャンスを活かすことにより将来的にはCFOとなる最高財務責任者としての地位を手に入れる事も可能となるわけです。

税理士の転職にも強い!外資系企業への転職に定評のあるエージェントランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.