外資転職サイト.jp ※2014年度最新版

外資系企業の第二新卒求人

外資系企業は、新卒者の採用よりも中途採用の傾向が強いです。 それはそもそも中途採用者の方が、その分野における専門性が高く能力的に高い方が多いから。 そのため第二新卒者をターゲットとする外資系求人は比較的多く第二新卒者の方も外資系企業への転職を望む事により、確実に双方の意思が合致するので第二新卒者の外資系企業への転職は可能であり、現実と成り得るチャンスはいくらでもあるという事なのです。

外資系企業に限らず第二新卒者は、基本的なビジネスマナーを備え、各分野における経験もあり経験も積んでいますから第二新卒者を希望する動きが外資系企業に限らず高まっていますので、第二新卒者の方にとってはまさに今がチャンスの時だと思います。 要するに外資系企業でも新卒者はほとんど採用しない傾向であり、ある程度知識や経験を持つ第二新卒者の方が就職にも有利だという状況なのです。

最近は、第二新卒者の方で外資系企業を目指す方が大変多くなっておりますが、中には今は小さな会社に勤めているが外資系で自分のスキルを活かしたいという方もおります。 しかし、現実問題としては扱う案件の規模が小さいとか、会社レベルが小さい、その会社が無名であるという場合職務経歴書に記入出来ないというケースもあります。 ですが、そうした場合は、その能力を証明する事が出来ないので外資系企業に転職する事は難しいといいます。 外資系企業はそもそも能力主義、実力主義だから学歴等関係なく通用するはずと思える部分もありますし、実際目指す分野により経験を問わない外資系企業もあります。

ですが、例えばIT系の外資企業への転職を検討する場合、実力が非常に高くても職務経歴書にそれを書く事が出来ないというケースは、それイコール実力無しとみなされるので採用は難しくなります。 学歴が伴わないと採用も難しいという外資系企業も実際あるので、第二新卒者で外資系企業を目指す場合は、そうした面を十分に認識し検討すべきです。

外資系企業側は、第二新卒者云々というよりもキャリアや実績の方が重要ですから、キャリアや実績の部分が乏しいと自覚する部分がある場合は、やはりその辺を含め実績や英語力を磨かれてからチャレンジする方がよいかもしれません。 外資系企業へ転職を検討する場合は、ひとつの職場で3年ぐらい事績を積んで誇れる事績をあげることがまず重要です。

それが出来て初めて外資系という次のステップにチャレンジできる事になると思いますので、実績や英会話に今はまだ自信が持てないけど外資系企業で力を試したいという場合は、まずは誇れる実績をつくる事と外資に必要な語学力をつけ、その後再度検討するという事も外資系企業への転職を成功させる秘訣になります。

第二新卒で外資系企業への転職なら。以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ転職エージェント 無料 全国 ★★★★★ 詳細
DODA(デューダ) 無料 全国 ★★★★ 詳細
>> ランキングの続き&各エージェントの詳細をチェックする <<

TOPページ

人気の転職エージェント

職種別求人情報

外資系の業界別求人情報

国別外資企業の求人事情

年齢による転職活動

転職お役立ち情報

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 外資転職サイト.jp ※2014年度最新版 All Rights Reserved.